Dipl-Ing. Alexander T. Lehmann, Partner bei 2SPL Patent Attorneys

アレクサンダー・レーマン (Alexander T. Lehmann)

アレクサンダー・T・レーマン(電気工学修士)

  • パートナー
  • 弁理士
  • 欧州特許庁の公認代理人
  • 統一特許裁判所の公認代理人
  • 欧州商標・意匠弁理士

お問合せ

担当業務

アレクサンダー・レーマンは、主に、中堅企業および国際的な大企業のための特許出願書類の作成および特許取得手続きの代理に従事しています。2006年より知的財産保護に携わっています。

専門の技術分野は、電気通信、コンピュータ実装発明(特に機械学習)、センサ技術(特にレーダ、磁気センサ)、デジタル・アナログ信号処理、オーディオ・ビデオ符号化(特にMPEG)、テレビ・ラジオ放送(特にDVB、ATSC、ISDB)、自動車(特に電気自動車、コネクテッドカー)です。機械工学や回路技術分野での出願手続きについても長年の経験があります。

様々な技術分野にわたり、欧州特許庁およびドイツ特許商標庁での異議申立手続きにおいてお客様の代理人を務めています。

取扱い分野

電気通信

電子・電気工学

ソフトウェア・IT・コンピュータテクノロジー

物理学

自動車

Dipl-Ing. Alexander T. Lehmann, 2SPL Patent Attorneys
Alexander T. Lehmann, Partner bei 2SPL Patent Attorneys

経歴

アレクサンダー・レーマンは、フリードリヒ・アレクサンダー大学(FAU)エアランゲン-ニュルンベルク校で電気工学を学びました。卒業後、Lucent Technologies社およびTeleca Systems社で開発エンジニアとして職務経験を積みました。その間、特に、2.5G/3G携帯電話基地局用の物理層アルゴリズムや、2.5G/3G携帯電話のリファレンスデザインに関するハードウェアおよびソフトウェアの開発に携わりました。

2SPL弁理士事務所設立パートナー

ミュンヘンの有名特許事務所で弁理士として研修

Teleca Systems Innovationsにて携帯電話開発分野の開発エンジニア

FAUエアランゲン-ニュルンベルク校で電気工学修士を取得

Cookie Consent with Real Cookie Banner